発毛剤としての役割

medicament

ミノキシジルは奇跡の育毛剤として、おじさん世代を中心にAGAに悩む人たちに喝采とともに受け入れられています。が、育毛剤であると同時に、この薬には発毛剤としての効果もあることをここでは紹介しておきましょう。
特にAGAがけっこう進行してしまい、もはや新しい髪が1本も生えなくなってしまったという人に対して、この効果は非常に注目すべきものといえます。
そう、AGAは進行の最初の段階では抜け毛という症状を起こし、せっかく生えた髪もすぐに抜けるようになってしまいますが、いつしか髪は生えないのが当たり前になってしまいます。ミノキシジルは、生えている髪を成長途中で抜けさせることなくしっかりと育てる育毛効果を持ちますが、同時に、第二段階へと移行したAGAを解消することもできるのです。
この働きを支えているのは、ミノキシジルに含まれている髪の発毛因子を増やす性質です。発毛因子というのは、わかりやすくいえば髪が生えるためのトリガーです。誰かが音頭をとらなければ、髪は生えません。AGAが進行すると発毛因子が著しく減少して、そもそも髪を生やすという機能自体が失われてしまうのです。しかしミノキシジルを使えば、その機能を再び取り戻すことができます。生え始めの髪はきちんと最後まで成長し、草木が生えぬ荒野のようにさびしい状況になっていた頭皮に新たな髪の毛が生まれてくる……ミノキシジルは、このように二重の働きを持つ「奇跡の薬」なのです。